人気のカリスマ予想:2012年で7年目迎えるカリスマ予想:「日曜日重賞一鞍木曜事前見解」「馬場考察」「前日見解」「当日13時見解・暫定予想印」「直前予想印・参考買い目」で提供します。本命馬◎・推奨穴馬●(基本5人気以降)中心に買い目導き出します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

弥生賞回顧他、中京記念傾向分析

本日弥生賞:小頭数弥生賞で勝ち18頭立て本番で消える王道パターンに酷似する見解で6サダムパテック◎で勝負しましたが最後対抗軸○11ショウナンマイティが余して4着。INピタリの△4デボネア3着。
20110306a.jpg
カリスマ予想は下記掲載します。

土曜日は荒れるレースの定番のオーシャンSは14頭以上重賞でも滅多にない3・2・1人気決着。穴指定勝負でしたので完敗でした。

今週も中山牝馬S、スワンS同様大荒れ傾向の中京記念。オーシャンSの結果はありましたがここも予想フォームは変えず穴指定で勝負予定となります。

中京記念:
昨年は57K以上3頭出走でその馬達の決着で三連複586,690円。実績重ハンデ馬は人気になる中、近走不振の実績重ハンデ馬も注意必要になったレース。今年は小倉開催となるが前走ステップは参考にしたい。2-3-0-12複勝率29.4%の主要ステップ・ここ2年は来ていないがハンデ戦に替り斤量軽くなる人気薄以下のステップの馬はキッチリ吟味したい馬。
人気ブログランキングへ
右ブログパーツに現在順位ありますので、紹介文確認下さい。

カリスマ予想家:勝負レース申込みはこちらから

カリスマ予想過去ログサイト(2008年4月~)

お知らせです。

毎年期間限定実施の「カリスマ推奨穴馬●」単独配信:2011年は3月レースから開始となります。今年は「推奨穴馬●」の他に「危険な人気馬」も同時配信となります。障害戦除く東西9R以降と裏開催の重賞レースの計8レース前後の配信です。配信内容についてはこちらご覧下さい。買い目等の指定はありませんので「馬券購入の参考」のコンテンツとしてご利用下さい。

・配信形式
東京10R:初音S
■推奨穴馬●:B13クーデグレイス
昨年のこのレース2着馬、休み明けも鞍上リスポリ確保なら軽視禁物。
◆危険な人気馬:消5ホーカーハリケーン
先行押し切り同脚質の3ソ-マジック参戦でこちらを上とみる。1400ベストで東京マイルは最後垂れる可能性大。



☆中山11R:G2弥生賞

◆レース傾向(過去8年)
2010年:12頭:2,010円(単人気1-2-7)(馬番1-3-2)(4角位置9-4-12)*不良
2009年:10頭:8,620円(単人気1-5-7)(馬番10-2-5)(4角位置1-2-6)
2008年:16頭:5,070円(単人気2-1-7)(馬番3-13-2)(4角位置2-7-3)
2007年:14頭:1,720円(単人気1-6-2)(馬番4-8-7)(4角位置5-10-9)
2006年:10頭:17,160円(単人気1-6-5)(馬番2-3-7)(4角位置8-4-8)
2005年:10頭:280円(単人気1-3-2)(馬番10-1-7)(4角位置3-3-2)
2004年:10頭:6,930円(単人気2-3-6)(馬番5-9-10)(4角位置2-1-3)
2003年:11頭:19,620円(単人気2-4-7)(馬番6-4-9)(4角位置3-6-6)

・枠:2枠複率44.4%、5・3・1枠複率30%超えで高い、頭数少ないレース多いだけに大きく枠差なし。
・脚質:逃げ馬1-1-0-7複率22.2%。先行馬3-3-3-19複率32.1%。中団1-3-3-15複率31.8%。後方2-0-2-26複率13.3%。*逃げ馬は2003年メイショウボーラー・2009年ロジユニバースと人気の実績馬のみ。
・人気:1人気馬は5-1-0-2複率75%と平均より高い。2人気3-1-2-2複率75%と信頼感ある。*頭数少ないレース多いが8回全て7人気以内での決着。

・前走:ラジオNIKKEI杯2歳S3-0-0-3複率50%・朝日杯FS1-2-3-4複率60%と主要ステップ。*京成杯1-1-1-7複率30%、共同通信杯1-0-1-9複率18.2%、きさらぎ賞0-2-1-4複率42.9%。
・前走クラス:同クラス8-5-7-35複率36.4%、昇級戦0-3-1-30複率11.8%。

◆馬場考察
土曜日芝9R黄梅賞:3歳500万にしてはペース早く勝ち時計も優秀な1:34.1。上位3頭とも4角4番手以内なら先行有利の高速馬場、1着馬は6枠からうまく中団前目のラチ取り直線内に1頭おいた位置から差しきり勝ち。メインのオーシャンSは良馬場テン33.6で勝ち時計が1.07.8、2007年は良馬場テン33.5で勝ち時計は1.08.2。馬のレベルはあるが例年より時計0.5程速い馬場。4角11番手から2着まで来た59Kキンシャサには脱帽も先行有利の速い馬場。弥生賞は11頭立てなら大外回り過ぎる差し馬はなく通常の中山コース通り先行・内枠上位。能力ある中団からの差し馬、上がり出やすい東京・京都で差し切った馬は評価下げない

◆レース見解
昨年暮れの朝日杯から続く1人気馬消える重賞傾向。ここも朝日杯サダムパテック・ラジオNIKKEI杯ショウナンマイティ・きさらぎ賞ウインバリアシオンと人気裏切った重賞1人気馬は3頭。ブログでも何回か掲載してますが朝日杯からの重賞1人気馬成績は

今年
・朝日杯:サダムパテック4着
・ラジオNIKKE杯:ショウナンマイティ8着
・シンザン記念:2人気アドマイヤサガス4着*1人気馬は牝馬ドナウブルーで5着
・京成杯:スマートロビン12着
・きさらぎ賞:ウインバリアシオン4着
・共同通信杯:ダノンバラード9着
・アーリントンC:2人気スマートロビン5着*1人気馬は牝馬ノーブルジュエリーで7着

昨年
・朝日杯:ローズキングダム1着
・ラジオNIKKE杯:ビクトワールピザ1着
・シンザン記念:ピサノユリシーズ11着
・京成杯:エイシンフラッシュ1着
・きさらぎ賞:レーヴドリアン2着
・共同通信杯:アリゼオ3着
・アーリントンC:ザタイキ2着

今年は全馬4着以下に落ちる有様。スマートロビン以外は差し馬での1人気馬なら出負けや展開向かずの不利を克服して差しきる馬は不在。不利克服できない差し馬のメンバー構成だが今年は11頭立てと小頭数でペース・出負け・ごちゃつきの不利は最小限。あとは今の馬場に合うかとなるが、本日黄梅賞1着馬は前走東京で出負けしてレース上がりより1.5秒速い34.0で余して3着の馬、鞍上ラチ取った好騎乗あったがキッチリ上がり2位での差しきりなら東京コースで上がり最速前後出して結果出ている馬は今の0.5秒ほど速い中山芝コース合う。11頭立てとなり差し馬不利なしとみて上がり速い東京・京都芝コースで最速・2位で結果出ている馬は上位評価。

◎は東京スポーツ杯の競馬は3歳牡馬No1に相応しい競馬の6サダムパテック:皐月前まで重賞で3馬身以上千切る馬は本来はGⅠ王手。4戦連続出負け中も1角まで距離ある中山2000mに小頭数と出負けしても間に合う。
対抗はどうするか?
上がり切れる馬重視で○は11ショウナンマイティ:前走は唯一の57Kでリベルタス・共同通信杯2着馬とタイム差なしの3着、完全に余した競馬で評価。坂コース不安はあるが今の中山なら上がり34秒前半出せる馬は怖い。推奨穴馬●は上がり勝負は足らないが今回3着は絶対条件なら無理に抑えず先行策濃厚の7ウインバリアシオン:抑えた中団競馬での上がり勝負は前走からも合わない事が明らかなら好調鞍上にかけたい。◎6サダムパテックの相手は○11ショウナンマイティ、●7ウインバリアシオンとなります。

▲は安定感なら断然の5オールアズワン:新馬戦も2着の馬で叩き2戦目の今回は上昇度No1。あとの△は単騎逃げ濃厚でしぶとい3プレイ。新馬は東京で出負けも上がり33.8・前走は中山2000でアッサリと底割れしていない新星9ターゲットマシン:上がり勝負も歓迎のクチ。本日も2勝の好調内田でなければ抑えない馬だが、権利とりで早め有力馬動けば本日のチューリップ賞3着馬のように最後突っ込みある10ギュスターヴクライ。最後は中山2000m重賞2着なら軽視禁物の4デボネア:京成杯のパワー型馬場と今の高速馬場は違うなら人気馬では一番落とした評価。

◆予想印(●はカリスマ推奨穴馬)
◎6サダムパテック
○11ショウナンマイティ
●7ウインバリアシオン
▲5オールアズワン
======================
△3プレイ
△9ターゲットマシン
△10ギュスターヴクライ
△4デボネア

◆買い目:
三連複フォーメーション
1着欄:6
2着欄:11・7
3着欄:11・7・5・3・9・10・4
計11点(=======までの3点本線)

※三連単フォーメーション
1着欄:6
2着欄:11・7・5
3着欄:11・7・5
*6点
*◎6は小頭数弥生賞で不利無い差し切り勝ち、18頭立て皐月は脚余す人気差し馬の王道パターン濃厚か


・カリスマ予想申込み手順更新しました。
・カリスマ予想Q&A更新しました。*参照下さい:2/25更新
昨年秋シーズン~三連複万馬券的中の配信内容と馬券掲載中
スプリンターズS::武蔵野S::アルゼンチン共和国杯
本栖湖特別::ベテルギウスS::ファイナルS::中山金杯
根岸S
先週のヒットは阪急杯:◎2ガルボ-△15サンカルロ-○4フラガラッハ 三連複3,500円
このレースは本来なら外目枠の差し馬は軽視ですが、土曜日馬場考察で例年より馬場中央が伸びるとふみ傾向合わせて外の人気馬は抑えたのが正解でした。
20110227b.jpg
配信内容は下記掲載。

☆阪神11R:G3阪急杯
◆レース傾向(過去4年)
2010年:16頭:11,570円(単人気2-5-7)(馬番2-4-6)(4角位置5-5-9)
2009年:16頭:5,290円(単人気7-3-2)(馬番4-13-3)(4角位置2-1-3)
2008年:16頭:4,650円(単人気3-1-6)(馬番3-4-2)(4角位置1-8-5)
2007年:16頭:1,720円(単人気3-4-2)(馬番1-5-3)(4角位置6-4-13)

・枠:1枠37.5%、2枠75%、3枠25%。7枠で来たのは逃げた2009年ローレルゲレイロのみ。*4年の傾向だが1~3枠と逃げ馬考えれば取れるレース。
・年齢:4歳馬1-1-3-10複率33.3%、5歳馬3-1-1-11複率31.3%、6歳馬0-1-0-18複率5.3%、7歳以上馬1-0-0-13複率7.1%。*4歳・5歳馬中心
・脚質:逃げ馬1-1-0-2複率50%。先行馬2-0-1-12複率20%。中団2-2-2-16複率27.3%。後方0-0-1-22複率4.3%。*逃げ馬注意、後方で来たのは2007年2人気スズカフェニックスのみ。
・人気:1人気馬は0-1-0-3複率25%と信頼感なし。2人気1-0-2-1複率75%と高い。※過去4年全て7人気以内での決着。

・前走:東京新聞杯2-1-1-5複率44.4%、阪神C1-1-1-3複率50%と主要ステップ。中山金杯0-2-0-4複率33.3%、京都金杯1-0-1-0。
・前走クラス:同クラス5-3-3-47複率19%、昇級戦0-0-1-4複率20%。*昇級馬で来たのは2009年1600万下勝ちから2人気ドラゴンファングのみ。

◆馬場考察
土曜日メインのアーリントンC。1着馬は4角7番手から直線中央(内から4・5頭目)から差しきり、2着馬は終始ラチ沿い4番手追走の人気薄、3着馬は逃げた馬。9R千里眼特別は1着馬は4角7番手まで捲くり上げ直線馬場中央通った断然人気馬、2着馬は内に1頭置いた先行競馬で4角4番手からの5人気馬、3着馬は終始ラチ沿い11番手追走して4角11番手から直線勝ち馬の進路通った10人気馬。想定していたより馬場中央伸びる傾向。道中ラチ追走して直線中央走るロスない馬は評価上がる。2009年は絶対内有利、2010年は内有利、今年はやや内有利とみたい。

◆レース見解
コース改修後5年目のレースで過去4年の傾向だが複勝圏12頭中11頭が3枠より内枠の馬(残り1頭は2009年逃げた7枠ローレルゲレイロ)。この特殊な傾向を活かすには4枠より外目入った人気馬を消す事:2010年は3人気トライアンフマーチが3番手競馬したが外外競馬となりIN競馬した馬に上位独占され4着敗退・2009年は最も先行馬場出現で1人気8枠ファリダットは当然届かず7着・2008年は2人気5枠キンシャサノキセキが4角9番手の差し競馬で5着まで・2007年は1人気4枠キンシャサノキセキが4角中団から4着敗退。今年該当する危険な人気馬は8枠引いた現在2人気サンカルロ・後方脚質からもマイナスとなる。人気薄で考えるなら3枠から内引き道中ラチ追走かINに1頭置いた競馬で直線内よりで迎える中団差し馬は抑えるべき馬:過去の該当馬は2010年3枠7人気サンカルロ・2008年1枠6人気ローブデコルテ、異常なる前残り馬場の2009年も4着馬は3枠8人気のフィールドベアー。ここで今年の馬場傾向となるが「考察欄」でも書きましたが想定よりは直線馬場中央が伸びる馬場。昨年は直線内に4頭ほど置いた4角3番手競馬で押し切り狙ったトライアンフマーチが最後内の3頭に交わされたが今年の馬場ならギリギリ3着圏内、昨年よりはIN有利ではないが傾向からは3枠から内で組み立て、4枠から外の人気馬は抑える買い目となります。

脚質関係なく毎年3枠より内引いた3人気以内が1頭は必ず入るレースで、4歳・5歳馬中心の傾向からも後押しの◎2ガルボ。阪神なら頭はないとみるが2・3着なら最も信頼できる馬。

対抗はどうするか?
当然4年の傾向からも3枠より内から決めたい。○は折り合い難しい馬だけに距離短縮歓迎の4フラガラッハ:無理に抑えなければ逃げて勝ったレースある馬で押し切り可能。推奨穴馬●は一昨年は1着・昨年は7着とゴチャつくと惨敗の馬もGⅠ2着2回は地力断然、鞍上チェンジで復活走ある。◎2ガルボの相手は3枠より内の2頭:○4フラガラッハ・推奨穴馬●6ビービーガルダンの2頭。

▲は昨年2着の7ワンカラット:7番ならうまく潜り込めば内目競馬で直線中央から差せる馬。激走穴馬は★は1ショウナンカザン:前々走の淀短距離Sのようにラチ追走の中団前目で折り合えば溜めて切れる馬、先週G1勝った鞍上もプラス。あとの△は逃げ馬と4枠から外の人気馬選択。隣にマイネルレーニアいるが行く気なら逃げれる9コスモセンサー:過去逃げ残りはローレルゲレイロの2回と重賞実績馬のみならこの馬も重賞勝ち馬。過去4年条件戦経由は2009年の3連勝で迎えた先行ドラゴンファングのみ、今年似通うのは2連勝で迎える先行10サワノパンサー。6枠で大きくマイナスも先行して上がりもまとめる馬でペース次第では連対圏の12スプリングソング。最後は昨年の馬場なら消しだが昨年よりは馬場中央駆け抜ける差し馬くるなら3着候補で抑える15サンカルロまで

◆予想印(●はカリスマ推奨穴馬、★はカリスマ激走穴馬)
◎2ガルボ
○4フラガラッハ
●6ビービーガルダン
▲7ワンカラット
★1ショウナンカザン
===================
△9コスモセンサー
△10サワノパンサー
△12スプリングソング
△15サンカルロ

◆買い目:
1)三連複1頭軸(本線)
2から4・6・7・1 *6点

2)三連複フォーメーション
1着欄:2
2着欄:4・6
3着欄:9・10・12・15 *8点
計14点

※三連単フォーメーション(京都>阪神なら人気だけに2ガルボの3着付け狙いたい)
1着欄:4・6・1
2着欄:4・6・1
3着欄:2
→明日降水確率30%でもつとは思いますがレース時にやや重より馬場悪化なら良馬場専用馬1ショウナンカザンの目は7ワンカラットに変更します。
*6点 



秋G1シーズン開幕に伴い10月から1週5レース配信の形式に変更(夏競馬期間は日曜日3レース配信)しました。新規会員様増に伴い回収率の問合せ多くなり、正確に10月から現在までのカリスマ予想成績計算しました。管理人は10月からはカリスマ予想の買い目をそのまま購入して、的中したらUPしてますので過去ログブログご覧下さい。*妙味薄い15倍以下の三連複配当は購入していない場合があります。

・期間:2010年10月3日(日)~2011年3月6日(日)の土・日。*一部配信なし有。
・配信レース数:102レース(2レース軸馬取消しで含まず)
・的中レース数:26レース
・的中率:25%
・三連複購入点数:1,287点(2レース取消し含まず)
・的中配当合計(2レース取消し返還含まず):236,370円
・期間均等買い回収率:184%

2月26日より重賞のみ三連単6点購入スタート
・2011年2月26日~3月6日 6レース36点 現在回収なし



2010年10/9から「カリスマ勝負レース」は土曜日も2鞍配信決定、土・日パックで提供となります。オプションとして12時までの一括大口投入馬(単・複問わず:重賞では一括100万以上)のお知らせは続けます。配信はWEBサイトへUPとなります(13時以降見て下さい)。*ただしあくまでオプションですので、私が土・日に外出していない場合となりますのでご了承願います。

2010年重賞でのカリスマ予想で私カリスマ一番弟子が参考にして購入・的中した的中履歴掲載しました。左のバー内◆的中履歴2010で見れます。

※カリスマ勝負レース配信内容はこちら参照(8/22札幌記念他の配信内容)。
*カリスマ勝負レースQ&Aです。
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。
2011-03-06 : 競馬予想 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

カリスマ予想公式サイト

Author:カリスマ予想公式サイト
ン十年毎年勝ち組を続ける競馬サークルでは有名なカリスマ予想家が重賞中心に三連複で予想配信します。レース傾向・馬場考察・レース見解・予想印・三連複買い目でご提供となります。カリスマ予想の真髄は5人気以降の人気薄馬の選択。推奨穴馬●として案内します。馬券は本命◎・推奨穴馬●中心に買い目導き出します。

カリスマ予想2014年版は→→
<人気のカリスマ予想:2014年重賞レース>ブログご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。