人気のカリスマ予想:2012年で7年目迎えるカリスマ予想:「日曜日重賞一鞍木曜事前見解」「馬場考察」「前日見解」「当日13時見解・暫定予想印」「直前予想印・参考買い目」で提供します。本命馬◎・推奨穴馬●(基本5人気以降)中心に買い目導き出します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

函館記念特集1)巴賞考察(斤量分析)

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
内容参考になった方は応援よろしくお願い致します。

カリスマ予想で日曜日重賞一つの木曜事前見解配信していますが今週も腱鞘炎の為カリスマ予想休止ですので平日ブログで事前見解掲載となります。今回は函館記念:巴賞考察(斤量分析)です。

函館記念

◆巴賞考察(斤量分析)
今年の開催特徴は例年8週開催が6週開催となった事。函館記念で抑えておかなければいけないポイントはリニューアル後の近2年函館では開幕週にオープン特別1800m組まれ4週目に毎度の巴賞、中1週でこのレースと3レース中距離オープン戦があった事。ここ2年は勝負どこが3レースありましたが今年は開催短縮で開幕週の1800mオープン特別なくなり2009年以前の巴賞~函館記念に戻った事。これにより今年の函館記念は2009年以前同様巴賞組が中心となります。

・2011年:巴賞経由4頭、3着以内0頭
・2010年:巴賞経由2頭、3着以内0頭
==========================================================
・2009年:巴賞経由8頭、上位3頭全て巴賞経由*札幌開催
・2008年:巴賞経由7頭、上位3頭全て巴賞経由
・2007年:巴賞経由7頭、3着以内2頭
・2006年:巴賞経由7頭、3着以内1頭


サマーシリーズ2000スタートの2006年からの巴賞経由馬です。ここ2年は開幕週オープン特別1800m組まれた影響で巴賞経由頭数自体も少なく3着以内は0頭。今年は2009年以前同様巴賞組重視となります。

巴賞組中心なら斤量考察もこの組の斤量推移が的中への早道となります。2006年から巴賞勝ち馬検証してみます。

巴賞勝ち馬(出走年)*2008年は同着優勝
2011年6歳マイネルスターリー58K→本番58K8着*前年56K勝ち馬
2010年5歳メイショウクオリア55K→本番56K7着*3歳時GⅡ優勝
2009年5歳マンハッタンスカイ57K→本番57K6着*前年秋56KでGⅢ優勝
2008年5歳フィールドベアー57K→本番57K優勝*今年けオープン特別56K優勝、前走56KでGⅢ3着。
2008年7歳マヤノライジン55K→本番56K5着*今年55K56Kオープン特別2着2回。
2007年5歳シルクネクサス56K→本番56K7着*今年55KでGⅢ2着、57KでGⅡ3着。
2006年は未出走。

※巴賞勝ち馬は2008年同着優勝フィールドベアー以外本番では消えている。
今年は5歳トウカイパラダイス57K→56K出走*前走55KでGⅡ2着。

サマーシリーズ開始2006年から巴賞勝ち馬見ると57K以上で優勝なら斤量据え置き、57K未満優勝なら56K設定となる。2007年のシルクネクサスが56K→56Kで恵まれた印象ありますが重賞未勝利馬でGⅢ2着が55Kで57Kは付けれなかった設定。

今年の勝ち馬は57K優勝したトウカイパラダイスで今回56Kです。前走55KでGⅡ2着ですが準オープン突破が今年の3月なので成績的にはオープン特別1勝馬となり56Kなら普通のハンデとも思えますが巴賞優勝馬なら斤量据え置きが妥当でしょう。2走前までの成績なら56K、巴賞だけみると57Kとなり57K未満0.5刻まない為今回は下に振れました。下に振れたのはここ2年の巴賞組の不振で全体的に巴賞経由馬は斤量設定あまくなったようです。ここ2年の巴賞組不振は最初に書きましたが開幕週1800mオープン特別新設によるレベル低下もありますので今年は恵まれたようです。過去6年で初の巴賞優勝馬で斤量減馬となりました。

今回函館記念特集1)としましたが1回目でほぼ結論がでる事となります。巴賞のレース傾向として「接戦となる事」。1着馬から0.6差以内馬は1着馬含めて2011年6頭、2010年8頭、2009年6頭、2008年9頭、2007年7頭、2006年10頭。2006年~2009年までで巴賞4着から9着馬の巻き返しが4頭います。今年1着馬はトウカイパラダイスで0.6差以内馬は自身含めて4頭のみ。接戦巴賞を千切った事、2K軽かったですがタイム差なしの2着ルルーシュが出てこない事、優勝馬で初の斤量減馬となった事。

不振の巴賞優勝馬ですが今年はトウカイパラダイスの相手探しのレースとなります。

唯一死角あるとすれば16頭立てとなった場合の8枠引いた時ですがこの馬は枠順・馬場状態・内外馬場差に影響されない馬。先週七夕賞で印最上位にしたミキノバンジョーのように馬柱見ないで本命打てる馬。

相手を別路線組にするか巴賞組にするかの対抗軸選択が今年の予想となるでしょう。

14頭立て以上だった2006年2008年2009年の巴賞3着以内馬と巴賞経由で本番3着以内に入った馬は以下。斤量検証します。

2009年(札幌開催)
巴賞1着馬5歳マンハッタンスカイ:57K1着→本番57K6着*前年秋に56KでGⅢ優勝。
巴賞2着馬5歳ドリームサンデー:57K2着→本番56K5着*今年56Kでオープン特別優勝。
巴賞3着馬7歳サクラオリオン:57K3着→本番56K優勝*今年53KでGⅢ優勝。
巴賞6着馬8歳マヤノライジン:56K6着→本番55K2着*今年56KGⅢ3着。
巴賞5着馬5歳メイショウレガーロ:56K5着→本番55K3着*前年暮れに準オープン勝ち、3歳時GⅢ2着。


2008年
巴賞同着1着馬5歳フィールドベアー:57K1着→本番57K優勝*年明けオープン特別56K優勝、前走56KでGⅢ3着。
巴賞同着1着馬7歳マヤノライジン:55K1着→本番56K5着*今年55K56Kオープン特別2着2回。
巴賞3着馬6歳ピサノパテック:56K3着→本番55K6着*今年56Kでオープン特別2着2回。
巴賞4着馬4歳トーセンキャプテン:55K4着→本番56K優勝*前年3歳GⅢ優勝
巴賞6着馬4歳マンハッタンスカイ:56K6着→本番56K3着*2走前57KでGⅡ2着


2006年
巴賞2着馬6歳エリモハリアー:56K2着→本番56K優勝*前年55K勝ち馬、前走57KでGⅡ3着。
巴賞3着馬5歳ブルートルネード:55K3着→本番56K6着*前走57KでGⅡ4着。
巴賞4着馬6歳シェイクマイハート:55K4着→本番53K5着*今年53KGⅢ4着。
巴賞5着馬4歳ストーミーカフェ:56K5着→本番56K11着*2歳GⅠ2着、3歳時GⅢ優勝。

ここから読み取れるのは4歳馬5歳馬にはハンディキャッパーはきびしいという事。昨年は高齢馬のワンツースリーでしたが過去10年でみると4歳馬5歳馬の複勝率は断然です。今年は4歳馬不在となり5歳馬で斤量恵まれた馬は積極的に狙いたい。過去巴賞組5歳馬のみ抜き出すと

2009年(札幌開催)
巴賞1着馬5歳マンハッタンスカイ:55K1着→本番57K6着*前年秋に56KでGⅢ優勝。
巴賞2着馬5歳ドリームサンデー:57K2着→本番56K5着*今年56Kでオープン特別優勝。
巴賞5着馬5歳メイショウレガーロ:56K5着→本番55K3着*前年暮れに準オープン勝ち、3歳時GⅢ2着。

2008年
巴賞同着1着馬5歳フィールドベアー:57K1着→本番57K優勝*年明けオープン特別56K優勝、前走56KでGⅢ3着。

2006年
巴賞3着馬5歳ブルートルネード:55K3着→本番56K6着*前走57KでGⅡ4着。

今回対抗で狙えそうな巴賞組5歳馬はトウカイパラダイス比較では不利ですが例年比較なら狙えるハンデ。2006年巴賞3着ブルートルネード比較では明らかに恵まれた5歳馬は以下でしょう。
人気ブログランキングへ(55Kサンディエゴシチー)
左ブログパーツに現在順位ありますので、紹介文確認下さい。

お知らせ:
今年2月からのカリスマ予想当日見解に伴い当日高速入力続いた影響で腱鞘炎となりました。数週間過度に動かすの禁止されましたので7月2週~3週ぐらいは配信不可となります。新規会員募集は現在中止です。次週以降会員期間の方には別途メール送信しておりますのでご確認下さい。ワンハンドのスロー入力は問題ないのでブログでの傾向分析~前日見解は継続します。カリスマ予想で配信している日曜重賞一つの事前見解は平日ブログで更新します。
e03.jpg

函館記念
巴賞組は今年8頭登録。勝ち馬のトウカイパラダイスは56Kですので全体的に軽くなりました。例年接戦の巴賞で勝ち馬から0.6差以内なら斤量加味して勝負になります。今年は上位2頭が離しました。トウカイパラダイスから0.6差以内は3頭しかいませんが以下の馬はその中の1頭。前走から1K減、何より狙えるファクターが夏馬である事。馬券に絡んだのは1着3回、3着1回だけですが4回全て6月~8月の成績。除外対象も出走できれば侮れない。

現在40位付近です。
カリスマ予想の配信スケジュールです(今週は休止)
・木曜日:20時日曜日重賞一つの事前見解
・金曜日:22時土曜日レース前日見解
・土曜日:配信レース3時間前~1時間前に当日見解・予想印・参考買い目
・土曜日:22時日曜日レース前日見解
・日曜日:配信レース3時間前~1時間前に当日見解・予想印・参考買い目

※配信レースの馬場状態が時間たつ毎に変化する場合は直前レース確認後となります。例えば11R芝配信レースで10Rに芝レースあればそのレース確認してから最終確定印・参考買い目となり30分前配信の場合あります。2012'6/23~週4レース以外に狙い目あるレースの当日予想印~参考買い目掲載(レース見解はワンポイントのみ)

◇カリスマ予想勝負レース参考WEBサイト:配信サンプル(2012'5/5分)。*新規の方は事前に確認下さい。
◇カリスマ予想勝負レース内容(2012'6/17更新)詳細はこちら
◇カリスマ予想勝負レースQ&Aはこちら*2012'6/17更新
◇カリスマ予想勝負レース期間申込みはこちらから
福島:G3ラジオNIKKEI賞

◆馬場考察
<会員様限定>

◆前日見解
<会員様限定>

◆当日見解
馬場は昨日同様内外均等ですがやや上がりかかりだしコース形態優り先行上位に見えます。参考レースは6R2000m戦:勝ったのは早め外目捲くりで押し切った断然人気馬。2着は2番手競馬した人気薄が残った。3着は離れた3番手競馬したこちらも人気薄。逃げ先行2が基本ライン。

◎はコース形態通りINの先行馬で前日通り4番ヤマニンファラオ。
○が逃げ馬ははずせない15番メイショウカドマツ。
▲は6R戸崎騎手が来ました。同じ3枠引いた6番ファイナルフォームが捲くり競馬想定で狙います。

推奨穴馬●は差し馬より先行勢なら最も斤量恵まれた53K3番クリールカイザー
W▲はプリンシパルS組2着はこのレース重視8番ローレルブレッド
激走穴馬★は内枠引いた好位組から唯一の牝馬2番ウイングドウィール:前走から3K減は大きい。
△筆頭は直線一気はマイナスで落とした東京巧者12番タイセイグルーヴィ。

あとの△はTOPハンデ56K2頭7番サンレイレーザー、10番アーデント。これだけ人気ないのは?つくハナ叩けば粘る16番ビービージャパン。

◆予想印(●はカリスマ推奨穴馬、★はカリスマ激走穴馬)
◎4番ヤマニンファラオ
○15番メイショウカドマツ
▲6番ファイナルフォーム
●3番クリールカイザー
======================
W▲8番ローレルブレッド
★2番ウイングドウィール
△12番タイセイグルーヴィ
======================
△7・10・16

◆参考買い目:
・本線三連複(フォーメーション)
1着欄:4
2着欄:15・6・3
3着欄:6・3・8・2・12 *12点

・三連単フォーメーション:最も買いたい組み合わせ
1着欄:15・6
2着欄:4
3着欄:15・6・3・8・2・12・7・10・16 *16点
※最後甘い4番は前残すか、1頭に差されるかで2着固定します。1着欄は前残るなら15番、捲くるなら6番。
2012年:三連系万馬券的中の配信内容
小倉大賞典::ヒヤシンスS::フェブラリーS::中山記念::安芸S::ユニコーンS
灘S::
・1週4レース配信でヒット予想は過去ログブログご覧下さい。
2012-07-10 : 競馬予想 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

カリスマ予想公式サイト

Author:カリスマ予想公式サイト
ン十年毎年勝ち組を続ける競馬サークルでは有名なカリスマ予想家が重賞中心に三連複で予想配信します。レース傾向・馬場考察・レース見解・予想印・三連複買い目でご提供となります。カリスマ予想の真髄は5人気以降の人気薄馬の選択。推奨穴馬●として案内します。馬券は本命◎・推奨穴馬●中心に買い目導き出します。

カリスマ予想2014年版は→→
<人気のカリスマ予想:2014年重賞レース>ブログご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。