人気のカリスマ予想:2012年で7年目迎えるカリスマ予想:「日曜日重賞一鞍木曜事前見解」「馬場考察」「前日見解」「当日13時見解・暫定予想印」「直前予想印・参考買い目」で提供します。本命馬◎・推奨穴馬●(基本5人気以降)中心に買い目導き出します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

WIN5にむけて

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
内容おもしろかった方は応援よろしくお願い致します。

来週の皐月賞日からWIN5開始されます(インターネット投票・日曜日のみ)
その日の一番遅いメインレースを5レース目としてレース時間遅い順に遡り計5レース。
開始日は京都10R~東京10R~新潟メイン~京都メイン:アンタレスS~東京メイン:皐月賞の5レース。
購入締め切り時間は最初のレースの10分前まで。
ちなみに総流しはできるのだろうか?5レース全て16頭立てなら16の5乗で1,048,576通りで1億4千万円。

WIN5:
2010年人気別勝率(対象:1000万下以上の889レース)
2010.gif

2009年人気別勝率(対象:1000万下以上の884レース)
2009.gif

1人気馬は4回に1回強は1着→5レースで1レースは確実に1人気馬が1着。買目絞るには吟味して1レースは1人気馬1頭で決め打ちたい。モデル購入パターンは1×2×2×2×2=16通りか1×2×2×2×3=32通り??点数絞るなら以下は決め打ちとなる。
人気ブログランキングへ
右ブログパーツに現在順位ありますので、紹介文確認下さい。

カリスマ予想家:勝負レース申込みはこちらから

マイラーズC:
昨年・一昨年はリトルアマポーラ消えるも一線級牝馬参戦するだけに牝馬の複勝率は高い。過去8年で見ると以下のような年は必ず牝馬が馬券に絡む。その傾向は?

現在48位付近です。


・カリスマ予想申込み手順更新しました。
・カリスマ予想Q&A更新しました。*参照下さい:2011'4/6更新
昨年秋シーズン~三連複万馬券的中の配信内容と馬券掲載中
スプリンターズS::武蔵野S::アルゼンチン共和国杯
本栖湖特別::ベテルギウスS::ファイナルS::中山金杯
根岸S::大坂杯


秋G1シーズン開幕に伴い10月から1週5レース配信の形式に変更(夏競馬期間は日曜日3レース配信)しました。新規会員様増に伴い回収率の問合せ多くなり、正確に10月から現在までのカリスマ予想成績計算しました。管理人は10月からはカリスマ予想の買い目をそのまま購入して、的中したらUPしてますので過去ログブログご覧下さい。*妙味薄い15倍以下の三連複配当は購入していない場合があります。

・期間:2010年10月3日(日)~2011年4月3日(日)の土・日。*一部配信なし有。
・配信レース数:117レース
・的中レース数:29レース
・的中率:24.7%
・三連複購入点数:1,498点
・的中配当合計:250,200円
・期間均等買い回収率:167%

2月26日より重賞のみ三連単6点購入スタート
・2011年2月26日~4月3日 18レース108点 的中1・回収率8.6%



2010年10/9から「カリスマ勝負レース」は土曜日も2鞍配信決定、土・日パックで提供となります。オプションとして12時までの一括大口投入馬(単・複問わず:重賞では一括100万以上)のお知らせは続けます。配信はWEBサイトへUPとなります(13時以降見て下さい)。*ただしあくまでオプションですので、私が土・日に外出していない場合となりますのでご了承願います。

2010年重賞でのカリスマ予想で私カリスマ一番弟子が参考にして購入・的中した的中履歴掲載しました。左のバー内◆的中履歴2010で見れます。

※カリスマ勝負レース配信内容はこちら参照(8/22札幌記念他の配信内容)。
*カリスマ勝負レースQ&Aです。
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。
2011-04-13 : WIN5 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

カリスマ予想公式サイト

Author:カリスマ予想公式サイト
ン十年毎年勝ち組を続ける競馬サークルでは有名なカリスマ予想家が重賞中心に三連複で予想配信します。レース傾向・馬場考察・レース見解・予想印・三連複買い目でご提供となります。カリスマ予想の真髄は5人気以降の人気薄馬の選択。推奨穴馬●として案内します。馬券は本命◎・推奨穴馬●中心に買い目導き出します。

カリスマ予想2014年版は→→
<人気のカリスマ予想:2014年重賞レース>ブログご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。